営業日報ソフトによる効率的な日報管理|展示会で成功するブース

女性たち

集客率とビジネス効果

展示会

企業向け展示会のブース設計・施工において、企業の担当者は集客率やビジネス効果のあるブースの設計・施工について考える必要があるでしょう。集客率やビジネス効果のあるブースというのは、企業向け展示会においてビジネスチャンスを多く得ることのできるブースなのです。企業の担当者にとっても、多くのビジネスチャンスを得ることができれば企業に高く評価されるでしょう。ここでは、集客率及びビジネス効果のある設計・施工について知っていきましょう。
企業向け展示会において集客率のあるブースの共通点というのは、どれも明るい色をベースカラーとしています。そういった明るい色のことを暖色系と呼び、暖色系というのは人の五感を刺激し関心を引く効果があるのです。では、暖色系の相対色である寒色系をベースカラーとした場合はどうでしょう。寒色系というのは、気持ちを落ち着ける効果のある色だといわれています。しかし、それは集客効果には繋がらないでしょう。しかし、相対色というのはお互いを引き立たせる色でもあるのです。暖色系をベースカラーに一部寒色系を含めることで、暖色系の色を更に引き立たせることができるでしょう。つまりは、暖色系が引き立つことで高い集客効果が期待できるのです。ビジネス効果に関しては、PR方法等も大切ですが何よりレイアウトの設計も大切です。レイアウトについて考える時には、ブースを通路側から見たイメージを持つことが大切です。通路側から見て、全体像を把握できるレイアウトであれば来場者は足を踏み入れやすくなります。また、内部レイアウトに関しても、パネル等の展示物を閲覧し易い動線について考えることで、来場者に展示物について理解してもらえます。そういった設計ポイントを含めた施工を行うことで、企業向け展示会で多くのビジネスチャンスを獲得することができるはずです。